東北大生のひとりごと

大学生活・受験・バイトについて主に発信するブログ

【地獄!?】合宿で免許を取得するデメリット

 

みなさんはもう免許は取りましたか…?

免許は取りたいけど通いでの免許取得と合宿による免許取得はどっちがいいの?

と悩んでいる大学生もおおいのではないでしょうか?

料金が安い、友達ができる!出会いがある!など合宿で免許を取得する利点は沢山ありますが、免許合宿をおすすめできない点もあります。

はっきり言って僕にとって合宿免許はかなりの地獄でした。

この記事では、合宿免許経験者である僕が免許合宿のおすすめできない点についてお伝えしていきます。

 

~目次~

まとまった時間が必要となる

合宿免許の期間は一般的に約二週間(オートマ車は14日間、マニュアル車は16日間)となっています。約二週間は地元で部活動・サークル活動、アルバイトをすることができません。長期休みの融通が利かなくなってしまうこともあります。

地元から離れることになる

住民票にある都道府県では合宿免許を取ることができません。したがって、近くとも隣県の自動車教習所まで行かなければならず、気軽に家に戻ることができないのです。

二週間は地元の友達や恋人と会うことができなくなってしまいます。

早い段階から予約が必要である

僕は1年生の夏に合宿により免許を取得しようと考えていました。しかしながら、6月の時点で希望の合宿所はもう予約で一杯でした。

免許合宿によって免許を取得する場合、少なくとも一か月前といった早い段階から夏休みの予定を決めなければならず、早急に長期休みの予定を立てる必要があります。

運転が鍛えられない可能性がある

通常、合宿免許で練習をする道路は田舎で、車、歩行者がほとんどいないことがおおいです。また、道路も複雑ではなく単調であることがおおいです。

高速道路教習では合流が一番の山場ですが、田舎の高速道路であるとそもそも合流する車がないので練習にならないのです。

また、複雑な車線変更、多くの歩行者がいる道の運転が経験できません。田舎道でしか実技教習を受けていないと、免許を取得してもペーパードライバーまっしぐらになってしまう可能性があります。

いい出会いばかりであるとは限らない

よく合宿免許は「出会いあり!」「友達ができる!」と聞いたことあるのではないでしょうか…?それは間違いではありません。出会いはたしかにあります!

しかし、自分にとって会う人との出会いである保証はどこにもありません。自分が苦手な人と一緒の期間になってしまった場合、その人と二週間ずっと付き合わなければならないことになるのです。これって地獄ですよね…?

規則正しい生活を強いられる

免許合宿は捉え方次第では刑務所と言っても過言ではありません。朝から晩まで免許取得に必要な授業・実技とスケジュールがすでに組み込まれています。通いで半年ほどかけて取得するものをたったの二週間で終わらせる訳なので当然みっちりと組み込まれ、ゆっくり休んでいる暇はありません。

合宿では当然お酒を飲むことは許されません。厳しいところでは門限が設定され、出入り禁止と言われることもあります。

朝早くから授業が始まります。世間は長期休みなのに早く起きなければなりません。朝早いから夜も早く寝る必要があります。支給される食べ物もほとんど毎日同じで二週間も食べ続ける訳なので、正直飽きました。

毎日運転のことを学び、決まりきった生活にうんざりしてきてしまう受講生も中にはいるのではないでしょうか…?

試験の緊張感が桁違いになる

免許取得のためには仮免許試験と卒業検定のふたつの試験に合格しなければなりません。

通いによる免許取得の場合、落ちても次の試験を申し込めばいいので

まぁ落ちてもいいかぁ

といった比較的軽い気持ちで受けることができます。現に僕の友達も何度も落ちてそのたびに試験を大学に行くついでに受けていました。落ちることに対する恐怖を感じることはほとんどないのです。

しかしながら、免許合宿であるとどうでしょうか…?

仮免許取得試験・卒業検定ともに毎日行われる訳ではありません。2日に1回しか実施されないことがほとんどです。合宿であると1度試験に落ちると2日延泊が確定するということになります。

しかも、その二日間の延泊料金は自腹である合宿所もあります。ただでさえ検定料が再度徴収される上に、二日間の延泊料金まで払い、二日間の刑務所のような暮らしが延長になるのです。

これでは絶対に落ちてはいけないんだというプレッシャーが半端ないことは理解していただけるでしょう。

さらに、友達と一緒に合宿にきている際の事態はかなり深刻です。

3人が受かって1人だけ落ちてしまった場合、1人が延泊になってしまいます。周りの友達も気を遣わなければならず、なんとなく気まずい雰囲気に…。

友達が解放されていても自分ひとりで検定と向き合わなくてはなりません。

これほどの地獄があるでしょうか…?

最後に

いかがだったでしょうか?

この記事では免許合宿のデメリットについてお伝えしました。しかし、僕自身が免許合宿で免許を取得してよかったなぁと感じたことも沢山あります。

免許合宿の利点をお伝えする記事も挙げているのでよかったらご覧ください。

 

ponpon825.hatenablog.com

最後まで御覧いただきありがとうございました。

 

ランキングに参加しています!ご協力お願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

にほんブログ村 大学生日記ブログへにほんブログ村