東北大生のひとりごと

大学生活・受験・バイトについて主に発信するブログ

【心霊動画視聴!?】受験期おすすめ&NG息抜き方法まとめ

 

f:id:ponpon825:20191127202224p:plain

 

受験期はストレスも貯まりやすく、不安になりがちな時期です。


たしかに、受験生にとって勉強が大切であるということは言うまでもないです。しかし、受験に伴う不安やストレスとどう向き合っていくかもとても大切であって合否を分けるといっても過言ではありません。

 

しかし、息抜きは「勉強しなかった」「自分は怠けた」と息抜きの後に罪悪感が生まれる行為でもあります。

 

では、受験時にすべき息抜きとはいったい何なのでしょうか?

 

今日は現役・浪人と2年間の大学受験生活を送ってきた僕がおすすめの息抜き方法・やってはいけないNG息抜き方法をお伝えします。

 

~目次~

 

 

おすすできないNG息抜き方法

 

早めに帰宅

 

僕はこれやってしまいがちでした。塾の自習室で勉強していても15時くらいに息抜きだといって帰宅してしまったことがありました。しかし、家に帰ってから勉強に集中できたことはありません。夜遅くになって罪悪感だけが積もって、夜寝ることになりました。

 

ふだんから家でできる人は家に帰って勉強しても構いません。しかし、自分の家で集中して勉強できる受験生は少ないです。

 

普段、高校や塾の自習室で勉強している生徒は自習室だけとメリハリを付けます。普段自習室で勉強している人間が家で勉強できる確率は低いです。

 

家に早く帰ることで、息抜きにはなりません。YouTubeをみたりして罪悪感がどんどんと募っていきます。最後まで学校や自習室に残って勉強しましょう!!

 

恋愛

 

秋頃になると、人肌が恋しくなる季節で予備校内にはしばしばとカップルが見受けられるようになります。勉強・受験からの逃げとしての恋愛はおすすめできません。僕は恋愛をしてきませんでした。まぁ、ふつうにできなかったんですけど。笑

 

予備校の周りをみてみると、男が不合格になって大学入学の前に別れる結果になっていたことがほとんどです。

 

これは僕が嫉妬しているからではなくて男性脳と女性脳の違いにあります。

 

男性

 

ひとつの事(恋愛)に夢中になる

勉強は後回しになりがち

 

女性

 

マルチタスクが得意→勉強と恋愛両方に熱を注げる

恋愛を励みにして頑張れる

 

恋愛は第一志望に合格してからでもできるので焦らずに、今は勉強に集中してください!

 

夜更かし

 

睡眠リズムを崩してはいけません。夜更かしすることで得られることはなにもありません。

 

動画視聴

 

動画(YouTubeなど)視聴は20分以内にとどめてください!あまりにも長時間観ていると、頭が痛くなって勉強にも集中しずらくなります。息抜きの効果がなくなってしまいます。ただの現実逃避にすぎません。

 

おすすめできる息抜き方法

 

友達と立ち話



高校の友達と放課後に予備校の友達と話すことは僕自身息抜きとしてはとても効果的な方法でした。ただし、あまり長い間だらだらと話していると罪悪感が生まれてくるので短めにした方がいいと思います。

 

カラオケ

 

思いっきり歌って発散!!歌を歌うことは意外にも運動にもなるのです。

 

好きな教科の勉強

 

嫌いな教科、苦手な教科ばかりやっていると頭が拒否反応を起こしてしまいます。僕は、やる気でない時・集中できない時は数学をしていました。成績が伸びない時 や 悪い模試が返ってきた時いまいちやる気でないですよね。そんな時は返ってきた模試で成績がよかった教科の勉強をします。

 

散歩・ランニング

 

運動は勉強とはある意味正反対ともいえる行動で息抜きにはとても効果があります。移り変わる街の風景をみるのも楽しいですよ。運動をすると、寝つきがよくなって睡眠の質がよくなります。

 

心霊動画視聴

 

センター試験・二次試験の緊張やプレッシャーに耐えられなくなってしまった時おすすめできることがあります。

 

それは恐怖映像・心霊体験映像を観ることです。

 

僕は不合格の恐怖幽霊の恐怖が相殺されていい感じの精神状態になりました。

 

最後に

 

いかがだったしょうか?

 

今紹介したおすすめ息抜き方法の中から自分に合う息抜き方法を見つけてうまく受験へのストレス解消法を見つけてみてくださいね!

 

浪人のメリット、デメリットについて書いた記事も挙げているのでよかったらこちらもご覧ください!

 

ponpon825.hatenablog.com

ponpon825.hatenablog.com

 

 

最後まで御覧いただきありがとうございました。