【共通テスト国語は伸びる!】読解力皆無でも7割突破できる対策法

大学受験

みなさん、はじめまして!

現在、東北大学三年のピュアトトロ(@tohoku_68)がお送り致します。

ーこの記事はこんな方におすすめー

  • センター試験過去問7割突破できないでいる
  • 共通テスト模試国語の点数に波がある
  • 読解力皆無なので、共通テスト国語は諦めている

2021年センター試験から共通テストに変更していますが、センター試験国語と共通テスト国語の根本的な対策法としては変わらないとされています。

したがって、筆者の点数が伸びて7割以上を獲得できたものは2018年度センター試験国語ですが、共通テストの対策として参考にしていただければと思います。

受験生

こういう記事書く人ってもともと国語得意だったりするんだよね

以下が僕の現役時の模試・センター試験国語の点数です。

センター試験プレテスト82/200(点)

センター試験本試   -112/200(点)

読者のみなさん

がちの国語弱者じゃん!

現役時、過去問でも7割を突破できた年はほとんどありませんでした。センター対策していなくても何故かセンター国語の点数が高い人っているんですよね。

センター国語って答え本文に書いてあるじゃん

いや、その答えを見つけるのが難しいんだよ!!

現役時代にセンター国語対策として実行したこと

  • 知識系(漢字/古文単語・文法/漢文単語・文法)暗記
  • センター試験過去問20年分(1998年まで)×3(回)演習
  • 東進「センター試験国語9割突破講座」
  • 最短10時間で9割とれる センター現代文のスゴ技
  • センター試験マル秘裏技大全

このように現役時はあらゆる手を尽くしてもセンター国語の点数はこれっぽっちも伸びずに志望校に落ちてしまいました。悔しかったですね。

浪人が決まった当初はセンター国語で努力し尽くしたと思っていたので、センター国語の点数を伸ばすことを諦めていました

しかしながら、ある勉強法を1年間実践したことで浪人時2018年のセンター試験国語の点数は142点 /200点=7割突破を達成しました!

では、浪人一年間で筆者が実践した勉強法とは何だったのでしょうか?

この記事では共通テストの国語で悩んでいる受験生でも、共通テスト国語で7割突破できる最強の勉強法をお伝えしていきたいと思います!


暗記すべきところは確実に暗記する

まず、はじめに大切なことは暗記すべきとこ知識系(漢字/古文単語・文法/漢文単語・文法)を完全に暗記することです。

暗記すべき知識系問題一覧

  • 漢字
  • ことわざ
  • 慣用句
  • 古文単語
  • 古文文法
  • 古文歴史的背景
  • 漢文単語
  • 漢文文法
  • 漢文歴史的背景
受験生

センター試験はマーク式だからなんとなくの記憶で大丈夫

僕も現役の時そう思って、しっかりと覚えたつもりでいたけれども実は曖昧に覚えていました。しかし、これが間違いであったことに気が付きました。

マーク式の共通テストであってもこのような知識系は確実に覚えるべきなのです

時間の短縮が出来る

まず、知識を性格に詰め込めていると知識問題で時間の短縮が出来ます。共通テストは時間制限が厳しくて素早く問題を処理していくことが求められています。

共通テストにおいて「この単語どんな意味だったっけ?」と悩むことは命取りです。

覚えていれば瞬時に解答できる知識問題にかける時間が短縮できれば、読解問題に落ち着いて取り組むことが出来ます。

この結果、他の読解系の点数も安定して高い点数を取ることも期待できます。

文脈を正しく把握することが出来る

古文単語には沢山の意味が込められていることもあって単語によっては意味が180度変わってしまうこともあります。

例えば、頻出古文単語である「恥づかし」ですが、①「恥ずかしい」②「立派な」と二つの意味があることはご存知ですよね。

これを曖昧に覚えてしまっていると語句の意味から他の文脈を正しく推測することも難しくなります。

さらに正しい解釈でない方を選べば、文章解釈も180度変わってしまう危険性もあります。

全体の文脈の意味に矛盾が生じて、読解問題は不正解になってしまいます。記憶すべき知識はマークだからと油断せず、確実に記憶することは必須です。

過去問を徹底研究する

次に浪人の時にした対策ふたつめです!これは現代文の読解問題対策になります。

現代文の読解問題は1問8点なので、とても需要であることはもう分かってると思います。

僕は浪人時には周りの受験生とは違った特別な過去問演習をしました

読解力を鍛える共通テスト対策ではなく知識を蓄えていく共通テスト対策です。

たった1年そこらで読解力なんか向上しないですよ。笑

それでは、僕が実践した具体的な過去問演習方法を紹介します!

過去問の読解問題を本番と同様に解く

漢字などの知識問題は飛ばしていいです。やってもいいですけどね。

制限時間は気にせずにとにかくじっくりと考えてください!

解答を熟読して解答キーワード(文)を確認する

解答選択として用意されている文には必ず本文中のキーワードが隠れているはずです。

必ず正解した問題に関しても行ってください。

センター試験国語の読解問題は本文の中にある2~3のキーワード(文)を捉えて、そのキーワード(文)の意味が含まれている選択肢を選べば、正解できます。

過去問演習の到達目標は「2008年の小説第3問は傍線部の直後とその1行後にキーワードがあった」等と問題文を読むことで”キーワード”の場所が思い浮かべられるようになれればOKです!

個人差ありますが、これほどまでになるには最低でも4~5回は過去問を解くことが必要になります。

センター試験現代文は毎年本課題文が違っているだけであって、読解問題の解き方は10年のうちで出題されたどれかの問題とまったく一緒です。

そのため、しっかりと演習を積み重ねていけば本番の模試も

受験生

この問題は2003年の第4問の問題と傾向が一緒!

といった具合に過去問と同じ解き方で正解することが出来るようになります。

この重要なセンテンスを汲み取る方法は共通テストのみならず、二次試験でも応用できるものなので、二次で必要となる基礎読解力も自然と身についてきます。


最後に

いかがだったでしょうか?

この記事では国語のセンス皆無の僕がセンター試験本番で7割突破できた勉強法をお伝えしました。

共通テスト国語は諦めかけていたみなさんは騙されたと思ってぜひ試してみていただけつと嬉しいです。

この記事を読んでくれた受験生のみなさんが第一志望へ合格できるように願っています。

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

↓↓浪人関連記事↓↓

ランキングに参加しているのでよかったらクリックお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

にほんブログ村 大学生日記ブログへにほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました