不登校大学生のひとりごと

大学生活・受験・バイトについて主に発信するブログ

大学生が授業に出席するとモテやすくなる理由4選

 

f:id:ponpon825:20200204035235p:plain



僕が1年間大学に通っていて、授業に出席している学生は授業に出席していない学生と比べてモテているまたは彼女がいる傾向があることに気付いてしまいました。

確かに、授業に出席していない学生でもモテている学生は沢山いるし、授業に出席していない学生でも彼女がいない学生も沢山いるのも事実です。

しかし、授業に出席しているか否かの観点のみで比較すれば、圧倒的に授業に出席している学生がモテることが分かってきました。

では、なぜモテるのか?

この記事では大学生が授業に出席するとモテやすくなる4つの理由についてお伝えしていきたいと思います!!

 

~目次~

 

規則正しい生活を送れる

授業に出席するようになると、睡眠時間をしっかりと確保でき朝ごはんも欠かすことなく、昼食夕食においても栄養バランス取れることが多いです。そのため、毎日活力を保ち、テンションや従来のコミュニケーション能力を維持したまま女性と接することができやすく仲良くなりやすいです。

さらには、睡眠時間は栄養バランスは仕事やバイトの出来にも直結するので授業に出席すると尊敬されやすく、女性からも好意を抱かれやすいのが特徴です。

 

一方で、授業に出席できていない学生はどうでしょうか?授業に出席できていないとお昼まで寝ることがおおくなり、睡眠リズムが乱れ、昼夜逆転になってしまいます。そのためどうしてもテストやバイトなどで朝早く起きなければならない日は、ほぼ徹夜状態で、活動しなければなりません。

そんな状態で大学やバイトに行っても、テンションが上がらないので女性とコミュニケーションを円滑に取ることが難しく、陰キャ認定され、親密になりにくかったりします。

 

どちらがモテるかははっきりしてます…よね?

出会いが生まれる

大学では傾聴のみの授業だけではなく、ペアワーク・グループワーク・プレゼン準備などと女性と関わる機会、むしろ関わる必要性のある授業が幅広く存在しています。言い換えれば、女性と仲良くなりやすい授業が沢山あるということです。

実際、僕の周りでも一般教養のプレゼンの練習を重ねていくうちに仲良くなり交際に発展した友達もいます。

さらに、授業に出席すると、授業前後に教室や廊下を歩くこと、キャンパス内の学食を利用すること、空きコマで図書館・多目的室・談話室を利用することが増えるので、必然的に女性と顔を合わせる機会が多くなります

人間は頻繁に会っている相手に好感を抱きやすく、仲良くなりやすい生き物なので結果的に授業に出席していると同性の友達も増え、異性と出会う確率も高まります。このようにキャンパス内に多く滞在している学生は恋愛にも発展する可能性が高いのが特徴です。 

 

一方、授業に出席していないと、そもそも大学に行く動機もないため家に籠る日がおおくなり、出会いが少なくなりコミュニケーション能力も落ちてきます。

どちらがモテるのかはもうお分かりです…よね?

評価が上がる

高校までとは違って、大学の授業に出席することは意外にも難しいです。

 

www.totoro-wing-586.com

 

そのため授業に出席するようになるとよい意味で目立ち、女性から次のようなな印象を持たれやすいのが特徴です。

  • 自己管理能力が高い
  • 妥協を許さない
  • やるべきことをしっかりとこなせる
  • 真面目
  • 誠実
  • 一途である

このように女性から人間としての根幹がしっかりしている印象を持たれやすいです。そのような男性はやはりモテます…よね?

 

一方で、授業に出席していない学生はどうでしょうか?

  • だらしがない
  • なんでもすぐ妥協する
  • 不真面目
  • 浮気する

残念ながら、このような印象を持たれやすいです。どちらの印象を持たれた方がモテるのか一目瞭然です…よね?

 

頼りにされる

当然、授業に出席すると授業の理解度が深まり、授業中に教授から口頭で伝えられるテストに関する情報も得ることができます。そのため、テスト前には自身が授業で得た知識に対する需要が高まり、男女問わず頼りにされやすいです。また、点数も高いので周りから尊敬されやすいです。

男女問わず頼りにされ、尊敬される男性はやはりモテます…よね?

最後に

いかがだったでしょうか?僕がこの記事で伝えたいことは

モテたければ授業にいけ!

ということでした。

実は「モテる」といったメリット以外にも大学の授業に出席するメリットは沢山あります。詳しくはこちらの記事に記載しているので、よかったらご覧ください!

 

www.totoro-wing-586.com

 

最後まで御覧いただきありがとうございました。