東北大生のひとりごと

大学生活・受験・バイトについて主に発信するブログ

【親孝行・恋愛】大人になって気付く高校の後悔5選

f:id:ponpon825:20191202003404j:plain

 

みなさんは今までの人生の中で後悔していることはありますか?

 

ありますよね。僕もまだ21年しか生きていませんが今や回収することのできない後悔が沢山あります。

 

今日は大学生になった僕が実際に僕の高校時代の後悔をまとめてみました!

 

~目次~

 

親孝行

 

大学に進学するために、親元を離れる学生が増えると思います。すると、ほとんどの下宿生は就活も実家を離れた地域になりがちです。

 

こうなると親といつも暮らして親孝行ができるのは高校の時が最後になってしまうかもしれません。

 

しかし、高校生といえば反抗期の真っ盛りですよね。僕も例外に漏れず、むちゃくちゃ反抗していました。高校生が親に反抗してしまうのはもはや人間の性なので仕方ないとは思います。

 

しかし「親孝行するときに親はなし」母の日や誕生日くらいは感謝の気持ちを伝えた方がいいですよ。

 

勉強

 

僕は大学に入ってからではなくて受験生の時点で後悔していました。

 

よくある受験時の後悔

 

・英単語・古文単語を覚えておけばよかった

・せめて定期テスト勉強はしておけばよかった

 

もちろん、人の価値は学歴で決まるわけではありません。勉強以外にも人には評価されるべき特徴は数えきれないほどありますしかし、学歴は「この人は今までどれほど頑張ってきたのか?」との指標のひとつとして見られます。学歴は自分の人生にずっと付いてまわるのです。

 

学歴で判断される例

 

・就活にてエントリーシートで落とされる

・高学歴限定の婚活パーティ

 

日本ではやはり学歴で判断されることがまだまだおおいです。

 

大学に入学してから、学歴コンプレックスに苛まれて

 

あの頃勉強していれば

 

と後悔してももう手遅れです。仮面浪人しか道は残されていません。

 

僕は第一志望には届きませんでしたが、自分の限界まで勉強しきれた自信はあるので学歴コンプレックスはまったくありません。

 

一生引きずることのないようにしっかりとやるべきことはしっかりとやりませんか?

 

学校行事

 

勉強も大切ですが、文化祭や体育祭などの学校行事にも全力で参加してください。学校行事は高校ならではのもので、高校生にしかできないことです!大人になると何か行動するにもメリット・デメリットを考え理性的に物事を考え、行動するのをやめてしまいがちです。

 

あぁ、このバイトはお金にならないなぁ。もっと割のいいバイトを探そう!

 

利益を求めずにただ友達とやりたいことを成し遂げる体験はもう高校の時にしかできません。

 

遊び

 

放課後に部活やクラスの友達と夜ご飯やカラオケと放課後の寄り道も進んで行ってください。高校の友達は大学生になってお互い離れ離れになったとしても、帰省した際に今でも会うほどの仲であることがおおいです。友達との時間も大切してください!

 

高校を卒業しても制服ディズニーや制服ユニバをしている大学生はいますが現役の制服でどっかに出かけられるのは高校の時だけです。高校の時に遊んだ経験は大人になってから思い出すとかけがえのない思い出となっていることがおおいです。放課後に友達とついつい長く話してしまったことも今となってはとてもいい想い出になっています。遊ぶのも仕事と思って頑張ってください!

 

恋愛

 

偏差値の高い国立大生からすると、男女共学であった高校の男女比というのは奇跡です。男子は大半が理系に進みますが、理系になると特に男女比は悲惨です。旧帝国大学の平均女子率はを20%代の大学がほとんどです。

 

また、大学になるとサークルや部活があるとはいえ毎日会うということはほぼ皆無です。学部では人数が100名を超えるところがほとんどなのでみんながみんな親密な仲になることはできません。片想いの相手と毎日同じ教室で顔を合わせる環境にあること自体が大学では皆無なのです。

 

もっとも恋人を作りやすい環境にいた高校時に恋人を作れなかった人間が大学生活で恋人を作ることはかなり難しいです。



また、高校を卒業してから素敵な恋人を作って幸せな生活を送れたとしても高校生の恋愛を体験できるのは高校生だけです!

 

高校生はまだまだ若いです。たとえ、高校の時に失恋してしまったとしてもその分強くなれるし成長できます。また次の出会いを探せます。恋愛面でも色んなことを経験して色んな思いを知って色んな自分を知ってください!

 

 

最後に

 

いかがだったでしょうか?

 

みなさんは

 

あの頃はよかったなぁ

 

と昔の自分を羨ましく思ったことは

ありませんか?

 

しかしながら、本当に幸せなこと・大切なことは失ってから時間が過ぎてから気付くことがおおいです。

 

気付きましょう!今が一番幸せであるということに。

 

健康であること。家族がいること。友達がいること。あったかいお布団で寝られること。ご飯が食べられること。それだけで十分幸せです!

 

さて、やらない後悔よりやる後悔です。

 

高校時にこうしておけばよかったと大人になってから後悔することのないように今を精一杯生きてくださいね。

 

最後まで御覧いただきありがとうございました。