【オンライン授業のメリット】受講者が伝えたいオンライン授業の魅力4選

大学生活

みなさんこんばんは

東北大学経済学部三年のピュアトトロ(@totoro_68)がお送り致します。

2020年、全国の大学では新型コロナウイルス感染防止を図りながらもカリキュラムを進める折衷案として前代未聞のオンライン授業が実施されています。

5月25日には緊急事態宣言が全国で解除され、従来の対面型の授業が復活されようとしています。

このまま順調に事態が収束していく場合には、実技・実験・実習の科目を中心に、7月以降は一部の授業科目では対面での授業等が行われることを想定しています。

出典:学生のみなさんへ(行動指針のレベル2への引き下げ(6/1から)、今後の授業について)

しかしながら、これに対して東北大生は

対面授業復活やめて

前期はオンラインのままで通して欲しかった

などと対面型授業復活に対して避難の嵐

なぜあんなに嫌がられていたはずのオンライン授業にこんなにも支持が集まっているのでしょうか?

この記事ではこの原因について現役東北大生である僕がご紹介していきたいと思います!

※学部、学科、講義によって、カメラあり、リアルタイムの授業もあるとは思いますが、ここではオンライン授業をカメラ無しのオンデマンド形式の授業として取り扱わせていただきます。


時間が節約できる

まず、オンライン授業では従来の対面型の授業に費やさなくてはならなかった時間を節約できる魅力が秘められています。それでは、具体的にみていきましょう!

通学時間

本来の通常授業であれば自宅から大学までの通学にかかる時間は確保しなくてはなりませんでした。

ある調査によると、86%の学生が通学に31分以上の通学時間を費やしていることが分かっています。一ヶ月毎日費やしているとなると、膨大な時間になっているのではないでしょうか?

参照文献:大学生の通学時間の平均は?自宅から通える限界は?

これに対してオンライン授業は当然ながら大学に行く必要がなくなるため、すべての大学生の毎日の通学時間は0になります。

極端な話、パソコンの準備をしていれば、起きて5秒で授業に参加することができるようになったのです。

また、時間だけではなく地下鉄など利用していれば、交通費も削減することができます。

これは日々の生活が大きく変わります…よね?

着替える時間

従来であれば大学では登校時間に加えて当日着ていく服を選ぶ時間や服を着替える時間が必要でした。

高校とは違って、大学ではお洒落であることがより一層要求される分、毎日来ていく服のスタイルや色の組み合わせなども考慮しなくてはいけません。

また、朝の眠い時に着心地のよいパジャマから私服に着替えることも相当な体力と気合が必要になります。

これに対してオンライン授業では、着替える必要は一切ありません。パジャマであっても、女装であっても、何も身に付けていなくても全く問題はありません。

これはとても嬉しい魅力…ですよね?

身だしなみを整える時間

通常授業実施下では男子大学生は髭剃りや髪のセット、女子大学生はメイクなどそれぞれ身だしなみを整える必要がありました。

しかし、オンライン授業では人前に顔を出すこともがまずないため、このような身だしなみを整える必要も清潔感を保つ必要も一切ありませんありのままの自分で講義に臨むことができるのです。

これでは快適で優雅な朝を迎えることができます…よね?

授業理解が深まる

一般の授業では常に教授の話がリアルタイムで流れているため、聞き逃してしまった箇所や理解が難しかった箇所が生まれても、二度と聞くことはできません。

これに対して、オンライン授業は公開期間内であればアップロードされた動画は何回でも視聴することができるため、寝落ちなどによって聞き逃してしまった箇所を再び巻き戻して視聴することが可能です。

さらに、同じ授業を繰り返し受講し、講義内容のより深い理解を目指すとともに長期的記憶へと誘導することもオンライン授業では可能になってしまうのです。


苦手な人と関わる必要がなくなる

大学生活では活動範囲が広くなり楽しい反面で大学の交友関係は幅広くなるため、通常であれば200人以上の挨拶を交わすだけの友達(通称:よっ友)ができます。

200人以上のよっ友を抱えれば、30秒間キャンパス内を歩いただけで2~3の知り合いとすれ違って挨拶をすることになります。

(友達として)好きなよっ友であれば全く問題はありませんが、自分が苦手なよっ友にキャンパスですれ違っても挨拶を交わして交流しなくてはなりません。

酷い場合、宗教の勧誘、マルチ商法など怪しい誘いを受けることもあります。

これに対して、オンライン授業はそもそも家から出ないので苦手なっよっ友と関わる可能性は完全に消滅します。

自分が関わりたい友達とだけLINEやTwitter、オンライン飲み会などで関わっていくことが可能になるのです。

これはストレスが溜まりにくく楽しいです…よね?

並外れた自由度

オンライン授業最大の魅力として挙げられるのはやはり並外れた授業形態の自由さなのではないでしょうか?

好きな時間に授業を受けられる

普段の講義であれば、1限は8:50~10:20、2限は10:30~12:00と授業開始時間と終了時間が厳格に定められています。この決まった授業時間に出席しなければ、出席点を貰えない危険性や小テストを受けられない危険性も十分に考えられます。

これに対し、オンライン授業では基本的に自分の都合のいい時間帯や気が向いた時間に受講することができ、自分の活動に余裕が生まれます。

これは、日々の充実感が高まります…よね?

講義時間を短縮できる

当然、通常の講義時間は学生の意志で短縮することはできません。

しかしながら、オンライン授業は従来の常識を打ち破り、講義時間を大幅に短縮することが可能になります

講義動画の速度を調節して二倍速で視聴する、添付PDFだけでは理解できなかったところだけを動画視聴するなどして自分の裁量で自由に講義時間を調整できるのです。

これは嬉しいこと…ですよね?

ご飯を食べながら授業を受けられる

一般の授業では、いくら大学が自由であっても講義中にご飯を食べることは基本的にできません。

しかしながら、オンライン授業では朝食や昼食、おやつを食べながら講義を受けることが可能です。

肉まん、納豆、ラーメン二郎など、普段であれば匂いがきつくて密室では食べられないような食べ物も講義中に自由に食べることができるのです。

これはとても魅力的です…よね?

寝ながら授業を受けられる

最近では、睡眠学習法というものが世間で注目されています。通常の対面型の講義での睡眠はうつ伏せになって寝ることくらいしかできず、十分深い睡眠をとることはできません。

しかしながら、オンライン授業では布団の中で熟睡しながら講義を受けることができる画期的な授業傾聴スタイルが実現可能になります。

これは常識では考えられないこと…ですよね?


最後に

いかがだったでしょうか?

この記事ではオンライン授業のメリット、魅力、素晴らしさについてお伝えしました。オンライン授業がどうして大学生の支持を得ているかがお分かりいただけたでしょうか?

もちろん、対面授業にはデメリットがありますがこの記事ではメリットだけに絞って紹介させていただきました。

この状況下で新入生や就活生は特に大変だとは思いますが、辛いことがあった分楽しいこともきっとあるはずなので、前向きに今を生きていきましょう。

他にも大学生活、大学受験(浪人)のいろいろについて投稿しているので、時間があれば、目を通してみてください。

最後まで御覧いただきありがとうございました。

ランキングに参加しています。よかったらご協力お願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

にほんブログ村 大学生日記ブログへにほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました