【仙台駅徒歩圏内】山形飛魚亞呉屋のつけ麺を評価する

ラーメン

先日バイト会議が終わった後、先輩におすすめの拉麺屋を聞いてみると、どうやら仙台駅近くのEDENの中にある拉麺屋がおすすめみたいだ。毎回同じラーメン屋に行っていてもつまらないので、先輩がおすすめしているラーメン屋行ってみることにした。

俺は拉麺屋があるEDENに入った。EDENは最近、駅前再開発の一環として建設された飲み屋街。こんなところに拉麺屋があるなんてにわかには信じがたい。新しく建てられたはずなのにどこかしらレトロな空気感を醸し出している。周辺は高層ビルが建ち居並びどこか異様な雰囲気。サラリーマンがうろついていた。

f:id:ponpon825:20191220173842j:image

辿り着いた拉麺屋の名前は「山形飛魚 亞呉屋 仙台店」仙台駅より徒歩3分と好立地。お店はカウンター席が全部で16席。22時に来店したが、もう5人ほどが列を作り混んでいる。見たことないほど最新機種の券売機が入口すぐ近くにあった。

f:id:ponpon825:20191220173855j:image

店長おすすめ「辛みそラーメン」

並790円 大盛920円

人気NO1「あごだし中華そば」 

並盛650円 大盛810円 特大920円

ヘルシーである「つけめん」

とん辛  ver  並盛870円 大盛970円

どろつけ ver 並盛990円 大盛1090円

選んだのはつけ麺のとん辛。値段は少々高いと感じる。味に期待がかかる。

券を買うと外で待つシステムで寒いのは少し我慢する必要がある。店員に「席は別々でよろしいですか?」と言われたので「同じでお願いします」と返答。

友達と別々の席を提案されるのは初めて。シングルライダーじゃないんだから。別々の席でいいのなら友達と一緒に来た意味がないのだ。

席について水を渡される時は「水」と一言。もっと言い方を考えてもいいのではないのだろうか?店員の態度はあまり良くないと思われる。一人の店員の態度でお店全体の印象が左右されるんだから、それは怖いことだ。10分ほどで店の中へと案内された。

店内は流石新しくできたお店だけあって、綺麗で清潔感があって拉麺製法に対するこだわりも感じられる。どことなくお洒落で落ち着ける雰囲気が漂っている。

席に着いてからさらに10分ほどほど待って、ようやく注文の品が来た。思っていたより量がおおいと感じた。ネギと刻み海苔がしっかりとのっている。いい感じだ。 

f:id:ponpon825:20191220173904j:image

太めでこしこしとしていて歯ごたえが感じられる麺。口に入れてしばらくたった後に、辛い風味か少し来る。全体的にあっさりとしている。ちょうどいい辛さだと感じた。ゆで卵とバラ肉もこだわりを感じる。バラ肉とピリ辛つけ汁との相性が抜群だった。麺の体積が大きく成人男性でも十分満足することが期待できる。

ちなみに、友達に味見させてもらったつけ汁の方が美味しかった。120円課金して頼んでみる価値はある。

f:id:ponpon825:20191220173907j:image

この店では1日1善の助け合いでゆで卵(小)が食べられる魅力的な制度が存在する。小さめとはいえども、ゆで卵一個が10円で食べられるのでお買い得である。

☆評価

立地 ☆☆☆☆

店内雰囲気 ☆☆☆☆

待ち時間 ☆☆

接客 ☆

量 ☆☆☆☆

味(麺)☆☆☆

味(つけ汁)☆☆☆☆

値段 ☆☆

総合 ☆☆☆☆

※最大☆☆☆☆☆で評価

店舗情報

住所:宮城県仙台市青葉区中央1-10-25 EDEN仙台

営業時間:11:00〜23:00

定休日:なし(日曜日も営業)

最後まで御覧いただきありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました