【6年間別居】大学生で両親が離婚した息子の本音

雑記

この記事は現在、大学三年生のピュアトトロ(@totoro_68)がお送り致します。

話は今から約10年前に遡る。

2009年(当時小学5年生)単身赴任先の名古屋から父が帰ってきた。その年はリーマンショックで世界的大不況に見舞われた年だった。

父が当時勤めていた会社も例外にもれず、不況の影響を受け父はリストラされた。

俺は父が退職したことで、単身赴任が終わりまた家族4人で過ごせることを嬉しいと感じていた。しかし、父は失業当時48歳。あの不況下での再就職が厳しいということは言うまでもない。当時まだ小学校だった俺は事態の深刻さが理解できていなかった。

そこから家族の歯車が狂い始めた。

お金が必要なために母は介護職の正社員として働き始めた。ほぼ毎日働いていた。

新たな就職先を探している間、父は母から家のことを任されていた。もともと、家事などは一切してこずに仕事だけだった父。料理もさっぱり駄目だった。

仕事をしているから父は偉いという今まで家族を支えてきた概念が音もせずに崩れ落ちた。

毎朝、父と母が口論になっていて目が覚めた。

毎日、学校から家に帰ると父が家にいるのがとても嫌だった。さらに、父は今がどんな深刻な状況なのかも分からないよういつも能天気な挨拶をしてくる。

そんな父に僕も姉も嫌気がさしていた。

「こんなおもいさせてごめんな」との謝罪の言葉。言葉はなくとも申し訳ないという態度が欲しかっただけだったのだ。

俺はかつて父のことが好きだった。

幼稚園の頃の口癖は「僕のパパはなんでもできるんだよ」だった。

本当にそう思っていた。

小学校の頃の休日は山登り、釣り。いつも父といろんなところに行っていた。

前日の夜、楽しみで眠れなかったのをよく覚えている。

当時の日記には「こんなお父さんがいてぼくしあわせものだなぁ」とよく書かれていた。

そんな父を嫌になっていくのがどうしようもなく辛くストレスだった。

街ですれ違った家族ずれの父をみて自分も普通の父親が欲しかったなと羨ましく思いさえした。

2010年(当時小学校6年)、俺は強迫性障害を発症して精神科に通うこととなった。

夜寝る時になると、言いしれようのない不安に襲われた。

2011年(当時中学1年)4月、姉の大学進学のために引っ越しをした。初めてできた自分の部屋はリビングから遠く離れ、以前のように口論で目が覚めることは無くなった。

しかし、家族の仲が改善されることはなかった。

2011年(当時中学1年生)6月父の再就職先がやっと決まり、父は兵庫に単身赴任することに決まった。

正直、ホッとした。もう嫌いな存在が家にいない。家族の雰囲気が悪くなることもない。

2011年(当時中学1年生)7月僕は父に手紙を書いた。以前の父に戻ってくれることを願って最後の希望を託して綴った手紙だった。父から手紙が返ってきた。

しかし、父の態度は変わらなかった。裏切られた気持ちだった。

最初のお盆とその翌年のお盆、父は家に帰ってきた。父は母からも姉からも煙たがられ、気まずい空気が食卓に漂っていたのを今でも覚えている。

その日を最後に、父が大阪の家に帰ってくることも俺に会いにくることもなくなった。

それから、今の状況が普通ではないということは分かっていながら、母とも姉とも父の話題は避けるようになった。

気が付けば父との別居状態が続いて約6年と半年の年月が経っていた。

俺は高校を卒業して、1年間の浪人生活を経て迎えようとしていた合格発表の前日についに父との話を母とした。

いつかは話さなければならないと思っていた。

母から父と離婚したいと切り出された。俺との承認が欲しいとのことだった。

離婚に関しては覚悟していたし抵抗はなかった。このまま離婚せずに関係を修復していくことは不可能だし、それを考えただけで恐ろしい。

俺はすんなりと両親の離婚を了承した。

2018年3月9日東北大学合格発表日、俺の合格が決まったあと、母は市役所に離婚届を提出して正式に離婚が成立した。

離婚成立から1週間後、父と大阪駅近くの料理屋で会うことになった。

店の席には父が座っていた。約5年半ぶりの再開だった。「ドラマみたいな展開だ」と客観的に捉え、パニックになりそうな自分の気を紛らわした。

笑わない僕と姉とは裏腹に「大きくなったなぁ」と嬉しそうにする笑う父。

約6年の別居状態を経てからの再会。

なぜこんなにも純粋に再開を喜ぶことができるのか?不思議で仕方がなかった。

相変わらず無神経だ。やっぱりこの人は何も変わっていない。

「本当に君たちにはこんな思いをさせてしまってすまなかった」

話の最後に父がこう言った。

今まで5年半もほったらかしにしておいて、今更何言ってんだ。

この5年間、誕生日には毎年父からの1万円を母伝いで渡されてきた。

ただお金を渡せばいいなんて大間違いだ

毎年、誕生日なのに嫌な思いをしていたことを覚えている。お金を渡されたってちっとも嬉しくなかった。

そんな怒りと同時に俺の目からは自然と涙がでていた。本当は寂しかった。

もっともっとそばにいて欲しかった。父にしか教えてくれないこと沢山教えて欲しかった。

俺には幼少期の父との想い出がある。こんなにほったらかしにされてもまだ父のことを嫌いにはなれないでいる。

僕にとっての父は”お父さん”ただひとりだけだったのだ。

何をどうしようとも、もう仲の良かった家族は戻ってはこない。人間大切なことは失ってから気付くことがおおくて、気付いた時にはもう遅いのだと痛感させられた。

もし自分が結婚できて、子供ができたら子供には絶対に自分のように寂しく悲しい思いはさせまいと決めている。

たった一度きりしかない自分の人生、温かい家庭を築いていきたい。

最後まで御覧いただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました