【東北大学vs名古屋大学】ふたつの地方旧帝大を徹底比較!

大学受験

みなさん、はじめまして。

東北大学経済学部三年のピュアトトロ(@totoro_68)がお送り致します。

東北大学、名古屋大学どっちに進学すべきなの?

東北大学、名古屋大学、地方旧帝大で、社会的評価に関してもほぼ同等であると考えられているため、どちらに進学すべきなのか悩む高校生が毎年発生しています。

この記事では東北大学、名古屋大学ふたつの大学をたくさんの側面から徹底比較していきたいと思います。筆者は東北大生ですが、出来るだけ客観的に分析していきます。


偏差値

まず、東北大学と名古屋大学の入学難易度(2020年度)を比較していきます!

東北大学-名古屋大学

文学部(60.0)、教育学部(62.5)、工学部(60.0)、理学部(57.5)

医学部医学科(67.5)

※複数学科は平均値で比較、前期試験の偏差値で比較

名古屋大学

法学部

名古屋62.5  東北60.0

経済学部

名古屋62.5 東北60.0~67.5

医学部保健学科

名古屋52.5~57.5 東北52.5

農学部

名古屋57.5~60.0 東北57.5

情報学部

名古屋 60.0~62.5

東北大学

歯学部 

60.0

薬学部 

60.0

参考文献:名古屋大学/偏差値・セ試得点率|大学受験パスナビ:旺文社

東北大学/偏差値・セ試得点率|大学受験パスナビ:旺文社

両者とも際立った差はみられませんが、強いて言うのであれば入学偏差値は名古屋大学に軍配が上がりそうです。

社会的評価

続いて、東北大学と名古屋大学両大学の社会的評価についてみていきます。

THE世界大学ランキング2020(日本版)

東北 大学 1位

名古屋大学 7位

世界規模での社会的評価は東北大学が高い評価を受けているようです。

指定国立大学

東北大学

2017年に東京大学、京都大学とともに指定

名古屋大学

2018年に東京工業大学とともに指定(当時5大学)

指定国立大学法人制度は、日本の大学における教育研究水準の向上とイノベーション創出を図るため、世界最高水準の教育研究活動の展開が相当程度見込まれる国立大学法人を指定国立大学法人として指定する制度。

出典:一橋大学を追加指定、指定国立大学法人は7校に | リセマム

運営費交付金額

国立 83 大学の運営費交付金額(19 年度高額順)

東北 大学 3位 51,899,000,000(円)

名古屋大学 8位 34,655,000,000(円)

参照文献:科研費の配分割合で国立大運営費交付金を試算! – 旺文社 教育 …

東北大学が日本で一番初めに指定国立大学に指定されていること、運営費交付金額が高いことから文部科学省からの評価は高いと言えます。

ノーベル賞受賞者輩出数

さて、ノーベル賞受賞者輩出数ではどうでしょうか?

名古屋大学(6名)

物理学賞 小林誠 益川敏英 赤崎勇 天野浩

化学賞 野依良治 下村脩

東北大学(1名)

化学賞 田中耕一

参照文献:日本大学ランキング2019-2020ノーベル賞篇 京大と名大のデッドヒート

ノーベル賞受賞者排出者は名古屋大学6名、東北大学1名と完全に名古屋大学に軍配が上がっています。


立地(仙台vs名古屋)

東北大学は東北地方最大の宮城県仙台市、名古屋大学は東海地方最大の愛知県名古屋市に本拠地を置いています。

仙台と名古屋、どちらも政令指定都市ですが、どちらが大学生にとって過ごしやすい土地なのでしょうか?

住みやすさ

住みやすさランキング

仙台 17位 名古屋 9位

参考文献:みんなでつくる地域応援サイト

都会度

名古屋 4位 仙台 12位

都会度でいえば、名古屋の圧勝です。地下街もとても発達しています。

参考文献:全国都会度ランキング第1位~100位 – 住みたい街ランキング

気候

東海地方の名古屋、東北地方の仙台では当然ながらまったく気候が異なります。

東北に位置する仙台の夏は涼しいです。(平均最高気温27.9℃)

反対に名古屋の夏は全国でもトップクラスの暑さを誇ります。(平均最高気温32.8℃)

2019年猛暑日の日数

全国15位(20日)

2019年平均気温30度以上の日数

全国7位(20日)

参照文献:2019年夏 猛暑日、真夏日等の日数のランキング – 気温と雨量の統計

仙台の冬は2月の平均最低気温は−1.7℃と厳しい寒さになります。さらに、仙台は一年を通して風がとても強いので、気温よりも体感気温はかなり寒いです。

しかし、太平洋側に位置しているため、積雪は少なく交通網における不便さは考慮する必要はないと思われます。

名古屋の2月の平均最低気温は0.8℃。仙台とまでは行かなくても名古屋の冬も結構厳しいようです。

参考文献:愛知県名古屋の気候 – 気温と雨量の統計

宮城県仙台市のの気候 – 気温と雨量の統計

暑いのが苦手なら仙台、寒いのが苦手なら名古屋が住みやすいといえます。

立地

名古屋は東京にも大阪にも新幹線で1時間半ほどと、名古屋に軍配が上がりそうです。

ちなみに、仙台は新幹線(はやぶさ)で東京まで1時間半ほどです。

仙台についての詳しい記事はこちらに記載しています。

地元占有率

地元占有率という側面でみれば、両大学は対比しています。東北大学の方が圧倒的に地元占有率が低く、全国各地から学生が進学しています。

東北 大学 地元(東北地方)占有率 35.95%

名古屋大学 地元(東海地方)占有率 73.66%

参照記事:東大合格発表2018 – 旧帝大の地元占有率

東北大生の東北地方出身者の割合は約35%なのに対して、名大生の東海地方出身者の割合は約74%となっています。


就職

東北大学、名古屋大学に対する企業評価に大差はありません。

太平洋ベルトに属し、トヨタなど一流企業が本拠地を置いている名古屋に対して、仙台に拠点を置いている有名企業は数えるほどしかないと言われています。

現に、東北大生の民間企業志望の学生のほとんどが関東の企業での就職を希望しています。

さらに、有名企業が集結している関東、関西どちらへも行きやすいのも名古屋であることから就職活動をしやすさは名古屋大学に軍配が上がりそうです。

「有名企業400社+公務員」実就職率ランキング(2019年卒)

名古屋大学 12位 33.7%

東北 大学 22位 29.9%

参照記事:最新!「有名企業への就職率が高い大学」TOP200

「有名企業400社+公務員」実就職率では(3.8%)の差で名古屋大学に軍配が上がりました。

国家公務員採用総合職(キャリア官僚)試験合格者数(2019年度)

東北 大学 全国第  5位 (75名)

名古屋大学 全国第18位 (30名)

参照記事:合格者最多は「東大」307人…国家公務員採用総合職試験2019

国家公務員採用総合職(キャリア官僚)合格者数は名古屋大学の二倍以上輩出している東北大学の圧勝であるといえます。

東北大学に進学した理由

東海地方(愛知、岐阜、三重)出身の東北大生に名古屋大ではなく、東北大への進学理由と尋ねると、こんな答えが返ってきました。

完全に東北大学生よりの意見ですが、参考までに。。。

地元占有率問題

名古屋大学は東海地方(愛知・岐阜・三重)の優秀な学生のほとんどが進学し、地元の占有率は旧帝大7大学の中で一番高い数値を記録しています。

そのため。知り合いと大学でも群れるのは嫌だった、新しい土地で一人暮らしの大学生活を送りたかったなどが東北大学進学の理由として挙げられました。

全国各地の学生と触れ合いたいのであれば、東北大学への進学をお勧めします。

工学系の研究

東北大学は工学部が看板学部で、世界でもトップクラスの研究実績と研究環境が整っています。特に材料系は有名です。東北大学でしか学べない分野を学びたいという想いから進学を決めた東北大生もいます。

仙台が好き(名古屋が苦手)

名古屋には名古屋走りという言葉が存在しているほど、運転が荒く治安が悪いと考えられています。一方で仙台は別名「杜の都」「学都」とも呼ばれ、自然と共生した美しい町並みとしても有名です。

また、暑いのが苦手!涼しいとこがいい!と考えていれば東北大学の方が住み心地はいいのかもしれません。

最後に

いかがだったでしょうか…?

この記事では東北大学、名古屋大学について徹底比較してみました!

結論としては僕の意見ですが、仙台で学生生活を送りたければ東北大学、名古屋で大学生活を送りたければ名古屋大学に進学することが望ましいのではないでしょうか?

東北大学の利点・欠点についてはこちら

最後まで御覧いただきありがとうございました。

ランキングに参加しています。よかったらご協力お願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

にほんブログ村 大学生日記ブログへにほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました