【なんで私がツイ廃に!?】元ツイ廃が語るTwitterに依存する人の特徴

Twitter

みなさん、はじめまして。

現在、東北大経済三年のピュアトトロ(@totoro_68)がお送り致します。

僕は今まで「ツイ廃」で、1日20ツイート以上していました。

「ツイ廃」とは日常生活に支障をきたしているほどTwitterにのめり込んでいる人を意味しています。

Twitterユーザー

ツイ廃の特徴ってあるの?共通点はあるの?

この記事では元ツイ廃である僕がツイ廃の特徴・共通点についてみなさんにお伝えしていきたいと思います!


時間のほとんどをTwitterに費やしている

まず、「ツイ廃」は毎日かなりの時間をツイートに費やしています。

お風呂に入っている時、授業中、トイレの中、寝る前。ツイ廃は暇さえあればTwitterアプリを開き、Twitterのタイムラインをチェックします。

また、スマホを開いていない時でもツイートする内容を考えています。重症化すれば夢の中にTwitterが出てくる場合もあります。

以上の時もTwitterをしていれば、あなたは間違いなく「ツイ廃」です。

膨大な量のツイートをしている

ツイ廃は常識では考えられないほどのツイート数を発信します。1日20ツイート以上していれば間違いなくツイ廃と言っていいでしょう。

TL(タイムライン)がひとつのツイ廃アカウントですべて埋まってしまうことも珍しくありません。


アカウントを複数所持している

ツイ廃は常人では想像がつかないほど、沢山のアカウントを持っています。

ツイ廃の所持アカウントすべてのツイート数を合計すると、途方もない数になっています。

リア友が見るアカウントは沢山のアカウントのひとつに過ぎず、まさに氷山の一角なのです。

ツイート内容が簡素である

ツイ廃は息をするかのように平然とツイートをするので、自分のツイートに対して多種多様な人に見られる可能性があることを自覚していません。

「おきた」「ねむい」「おやすみ」「お腹空いた」

このように、フォローワーにとってガチでどうでもいい内容も平気でツイートします。

また、誤字や脱字に気が付いても、訂正することがなくそのまま投稿ツイートする特徴もみられます。


自覚症状が皆無

これがツイ廃の一番怖いところです。

ツイ廃の重症度が高くなればなるほど、なぜか本人にはまるっきり「ツイ廃」の自覚がないのです。

友達

ツイ廃だよね?

と指摘されても

ツイ廃じゃないから

と物凄い勢いで否定しがちです。

「自分に限ってツイ廃は違うはず」「自分はあくまで正常な人間」と思い込んでいるのです。

基本的に暇人

忙しい人がわざわざ意味のないTwitterをするでしょうか…?

一日200件もツイートできるでしょうか…?

ツイ廃はやることもなくて退屈な毎日を送っています。

あり余る時間をTwitterに充ててしまっているのです。

寂しがり屋

ツイ廃は寂しがり屋で孤独を極度に嫌います。

そのためにどんな時でも誰かと繋がっていられるTwitterに依存するのです。

低すぎる自己肯定感

自分のツイートがいいねされる

自分の行動、思想、意見を認めてくれた

自分自身を肯定してくれたんだ!

このように自分の行動や思想が肯定された感覚は承認欲求が満たされた時に起こる感覚であり快感を感じてしまいます。これは自己肯定感が低い人にとっては麻薬のような威力があります。

一度この快楽を味わってしまうと抜け出すことは困難です。

自己肯定感の高い人はツイッター上での肯定に対して何も感じることはありません。これは自分で自身を肯定してしまっているためです。

リアルで自信がないからこそ周囲からの肯定に依存してしまっているのです。

コミュ障

ツイ廃はリアルでのコミュニケーションが苦手で世間でコミュ障と言われています。

リアルで上手くできない意思伝達をTwitterで補おうとしているのです。

現実逃避者

ついついTwitterを開いてしまった経験はありませんか?

ツイ廃は目の前の困難、課題から目を背けてしまう傾向が普通の人よりも強いです。

最後に

いかがだったでしょうか?

この記事ではツイ廃の特徴、共通点をご紹介しました!

自分がまだツイ廃にはなくても、ツイ廃の特徴に自分が当てはまっていれば、ツイ廃にならないように気を付けていければいいですよね!

ツイ廃であることのデメリット、ツイ廃を脱するための記事も投稿しているので、よかったらご覧ください。

↓↓ツイ廃を脱するための記事↓↓

最後まで御覧いただきありがとうございました。

ランキングに参加しているので、よかったらクリックをお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

にほんブログ村 大学生日記ブログへにほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました